外科・整形外科

Surgery

外科

診療のご案内

福光医院では、内科診療から縫合、皮膚腫瘍、皮下腫瘤摘出などの外科診療まで幅広く対応しております。
必要に応じて他院・専門医での検査、治療が必要と判断した場合は、その専門科へ紹介させて頂きます。

当院は院内処方を実施しております

当院は院内処方ですので、わざわざ調剤薬局まで行かなくても診察後にお薬をお渡しできます。

外科処置のご案内

皮膚腫瘤(粉瘤、いぼ等)の切除術
皮膚、皮下には様々なできもの(腫瘍)ができます。良性の腫瘍がほとんどですが、いくら良性といっても、大きかったり突出していたりすれば目立つものです。また次第に大きくなっていきます。
出血したりカサブタを伴う母斑(ほくろ)やイボは悪性変化をきたす可能性がありますので早めの処置が必要になってきます。
皮下腫瘍(脂肪腫、腺維腫等)の切除術
粉瘤の次に多い皮下腫瘍です。粉瘤と混同されることも多いですが、脂肪組織が皮膚下や筋肉の間にたまることによって生じる脂肪の塊です。脂肪腫ができると皮膚が盛り上がり、柔らかいしこりがあらわれます。
痛みを伴わないので経過観察だけで終えることも可能ですが、自然に治ることはないため、目立つような大きさの場合は手術によって摘出することをおすすめします。
外傷の縫合、処置
思いがけず生じてしまった不慮のケガ。外表面のケガも外科的縫合を行うことで目立ちにくくすることができます。また、外傷時には砂や土などの異物が混入している場合が多いため、早期に適切な処置を行わないと化膿(かのう)したり、また外傷性刺青といて色が残ったりすることがある為、早期の適切な治療が重要です。
捻挫、骨折の診断治療
骨折すると激しい痛みと運動制限により「骨折かもしれない」と急いで受診しますが、中には多少我慢できる痛みなら、放っておけば治ると思い受診しない方がおられます。そのまま放っておくと骨がうまくくっつかず変形したり、治癒に時間がかかることがありますのでまずは来院下さい。
捻挫や突き指と思っていたら骨折していたというケースもあります。
膿瘍切開術

整形外科

整形外科

外科処置のご案内

福光医院では内科・外科・消化器内科の診療の他に整形外科の処置も行っております。
腰痛や椎間板ヘルニア、ギックリ腰、などの関節に関する痛みから肩こりや五十肩、手足のしびれなど、体の各所の筋肉・神経痛や関節痛などでお困りの場合はお気軽にご相談下さい。

整形外科処置のご案内

腰痛・頚部、肩関節障害など
急性腰痛症、椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、骨粗鬆症、頸肩腕症候群、肩こり、頚椎椎間板ヘルニア、頸椎症性神経根症、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩などで、内臓疾患からのこともあり診察、検査した上で治療します。痛みの強い時にはトリガーポイント注射、硬膜外ブロックなども行うこともあります。
慢性的な疼痛に対しては理学療法(ウォーターベッド、超音波マッサージ、温熱療法など)も行っております。
慢性的な疼痛に対しては
理学療法
●ウォーターベッド
ウォーターベッドは柔らかく、それでいて力強く、しかも心地よい、「水」ならではの独特の刺激と浮遊感、そして温かな開放感があり、血行促進などの一般的なマッサージ効果に加え、まるで雄大な自然に抱かれているような、あるいは静かな波の揺らぎに身を任せているような、上質のリラクゼーション効果が期待できます。
●超音波マッサージ
痛みのある患部にゼリーを塗り、超音波を発生するプローブを患部に当てることで、痛みやむくみ、筋肉のこわばり、神経痛などを軽減することができます。
●温熱療法
原因となる患部を温めて血行を良くし、 緊張した筋肉をほぐしてくれる効果があります。
捻挫、骨折の診断治療
骨折すると激しい痛みと運動制限により「骨折かもしれない」と急いで受診しますが、中には多少我慢できる痛みなら、放っておけば治ると思い受診しない方がおられます。そのまま放っておくと骨がうまくくっつかず変形したり、治癒に時間がかかることがありますのでまずは来院下さい。
捻挫や突き指と思っていたら骨折していたというケースもあります。

診療案内

内科
外科・整形外科
胃腸科・肛門科
花粉症